【プレスリリース】オンライン融資のLENDY、MTLINKと連携し全国2300種類以上の銀行データ取り込みに対応

2017.10.18

株式会社クレジットエンジン(本社:東京都品川区、代表取締役:内山誓一郎、以下クレジッ トエンジン)が運営するオンライン融資サービス「LENDY」(https://www.lendy.jp/)では、サービスの拡充・改善の一貫として、マネーツリー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取 締役:ポール チャップマン、以下マネーツリー)が運営する金融インフラサービス「MTLINK」 との連携を開始し、全国2300種類以上の銀行データ取り込みに対応いたしました。

LENDY では、2017年1月のベータ版サービス開始後より、E コマースサービスを中心に、データ連携を拡充してまいりました。銀行入出金データについては、これまで対応していた金融機関は一部のみでしたが、今回の MTLINKとの連携により、日本の銀行口座の 90%以上とのデータ連携を行うことができます。これにより、資金を必要とする事業者の方がより手間なく審査の申し込みを行うことができ、かつ、LENDY側ではより精度の高いデータに基づく自動審査を行うことが可能になります。

中小事業者みなさまが、資金繰りに悩む時間をなくし、本業に集中できる環境をつくるということ目標に、これまで拘束が多かった金融サービスの常識を覆し、よりお客様の目線に立ったサービスへ向上を続けてまいります。

■オンライン融資「LENDY」について

LENDY は、中小事業者のための、オンラインで完結する事業融資サービスです。クラウド 型の会計ソフトや、決済サービス、POS レジなど、中小事業者の方が利用しているオンライン サービスを LENDY に連携することで、LENDY が事業者の情報を自動的に収集、機械学習の アルゴリズムを用いた解析を行い、借入条件を判定します。LENDY は、中小事業者の資金繰 りに関する悩みを減らし、本業に集中できる環境をつくることを目標にしています。

■お問合せ先

株式会社クレジットエンジン 広報担当
連絡先:contact@creditengine.jp