1. HOME
  2. ブログ
  3. 仕事・働き方
  4. 性格診断「BIG5(ビッグファイブ)」とは?簡単診断とおすすめアプリを紹介!

BLOG

ブログ

仕事・働き方

性格診断「BIG5(ビッグファイブ)」とは?簡単診断とおすすめアプリを紹介!

「BIG5(ビックファイブ)」という性格診断方法を聞いたことはありますか?ビックファイブはその名の通り、「5つ」の要素からなる性格の特定因子です。

性格の個⼈差をみる最もシンプルな⽅法は、血液型のように⼈を分類すること(類型論)ですが、人を類型化するのはあまりにも単純化しすぎていて信憑性が薄いですよね・・・。
そこで、「外向性」「勤勉性」など、性格を規定するうえで必要十分な因子を特定して、その強弱によって性格を説明しよう!というのが、BIG5なのです。

BIG5(ビックファイブ)の因子って何?どうやって決まるの?

BIG5は、5つの根源特性を特定し、その組み合わせによって人の性格を説明します。5つの根源特性とは、

  • 経験への開放性 :新しい情報や経験を自ら取りに行く特性
  • 勤勉性:まじめ・誠実な特性
  • 外向性:積極的・活動的な特性
  • 協調性:優しく、他者に共感したり利他的な特性
  • 情緒不安定性:繊細で、不安や緊張を感じやすい特性

です。

BIG5 は 4~6 割が遺伝的な要素に関係していることがわかっています。とある研究によると、遺伝的に持っているパーソナリティに対し、今いる環境が⼀致すると成功しやすいという研究結果もあります。

たとえば、もともと遺伝的に内向的な方が、無理に人と話すことを強要される環境にいるよりも、自分一人で内省したりする時間を持てる環境にいる方が活躍しそうだというのは想像に難くないですよね。

どういう性格になるの?具体的に知りたい!

わかりやすく表にまとめてみました。

BIG5 傾向の強さ どんな性格?
経験の開放性 強い 開放的:新しい情報を⾃ら取るのが好き。自分の知識や経験を広げる⾏動をとる⼀⽅で、時に理想論や現実離れした考えをもってしまうことも。
弱い 保守的:現状維持を好み、地に⾜のついた着実な⾏動を選択します。⼀⽅で、変化を嫌い、権威や伝統に固執してしまうことも。
勤勉性 強い 誠実的:意志が強く、⽬標に向かい⽇々努⼒を怠らない真面目な人。⼀⽅で、強迫的に完全主義になってしまい、自分や相手を苦しめてしまうことも。
弱い 快楽的:環境や⾃分をありのままに受け⼊れる人。⼀⽅で、継続的に物事を進められなかったり、軽率な判断をしてしまうことも。
外向性 強い 外向的:積極的・活動的。新しい人にあったり、経験を得ようとチャレンジするなど、⾏動量が多い。⼀⽅で、無謀な行動をしてしまうことも。
弱い 内向的:控えめで、あまり変化のない環境が好き。自分の内面に安定を求めるタイプ。⼀⽅で、臆病になってしまい、⾏動が遅れてしまうことも。
協調性 強い 協調的:他者に共感し、傾聴することができる人。⼀⽅で、他者に気を使いすぎたり、人の言うことを聞きすぎてリーダーシップを発揮できないことも。
弱い 独立的:自信があり、個性的な人。リーダーとして集団を引っ張っていくこともある⼀⽅、⾃⼰中だったり、他者に敵意をもってトラブルになることも。
情緒不安定性 強い 繊細的:身の回りの危険に対して敏感で、慎重に⾏動する人。⼀⽅、ストレスに直⾯すると不安や緊張を感じてしまい、不安的になってしまうことも。
弱い 平穏的:情緒が安定していて、危機があっても動じない人。⼀⽅で、まわりの危険や⼈の感情に気が付かないいわゆる「鈍感な人」になってしまうことも。

自分のBIG5(ビックファイブ)を知りたい!テスト方法をおしえて!

自分のBIG5を知るために一番簡単な方法は、質問に答えることです。ただ、自分で質問に答える方法では、ときに「こうありたい!」という自分の気持から正しい結果がでないこともあります。

そんなときは、潜在的な意識下にあるBIG5を計測できるアプリもあるので、試してみましょう!

こちらは学生用のアプリですが、ゲームのようなことをすると自分のビックファイブを測定できちゃいます。気になる方は試してみてくださいね。

https://grow-360.com/dl.html

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事